映画ロケ地巡りの旅・大阪編

OSAKA

サイト紹介

woman and nice body

日本人の多くの方々が楽しんでいる映画。邦画・洋画にかかわらず、テレビ地上波などでもよくロードショーされていますよね。

その映画を製作している監督や脚本家、制作会社が好きだったり、出演している男優・女優さんを見るのが目的だったり、映画内の音楽を手がけている作曲家のファンだったり、たまたまテレビで流れていたら興味が出て、見てみたり・・・。
人それぞれ、違った見方や楽しみ方があります。

そんな映画ですが、映画は観るだけが楽しみではありません。
映画が実際に撮影された場所、つまりロケ地に行くこともひとつの楽しみ方です。
実写の映画に限らず、アニメ映画などでも舞台のもとや作品のモチーフになった場所などがあるものです。
俳優さんや監督がインタビューを受けている雑誌や、出演しているテレビ番組などでも話にあがることの多いロケ地ですが、そこで撮影したいと思われる魅力や理由がそこには詰まっています。

実話をもとにしたものであれば、その地で起こったことやまつわるエピソードを思い浮かべながら歩く楽しみがあります。
ほかにも、映画のサウンドトラックを聞きながらその場面を撮影していた場所を歩いてみたり、映画のワンシーンと同じ構図で写真撮影してみたり、ロケ地にはその映画ファンにとってたまらない魅力がたくさんあります。

このサイトでは、そんなロケ地の中でも大阪の舞台を紹介していきます。

道頓堀商店街

道頓堀商店街

『特命係長 只野仁 最後の劇場版』は、第一部「東京編」、第二部「大阪編」、第三部「福岡編」と、撮影舞台が大きく変わる映画です。 その中でも、大阪の道頓堀商店街にスポットを当てて紹介します。 主人公の只野仁は、第一部で広告代理店の一大キャンペーンのメインキャラクターであるシルビアを、身の危険やスキャンダルから守るよう、上司に命じられます。

ハイアットリージェンシー大阪

ハイアットリージェンシー

女性に大人気の漫画原作の映画「花より男子ファイナル」のロケ地から、ホテル・ハイアットリージェンシー大阪を紹介します。 ハイアットリージェンシー大阪は、大阪市の南港にあるシティリゾートホテルです。 美しい海が眺望できる客室がありますが、映画「花より男子ファイナル」では、つくしと道明寺はスイートルームに宿泊していました。

海遊館

海遊館

映画「旭山動物園ペンギンが空をとぶ」は、旭山動物園が1990年代、廃園の危機に瀕してから復活するまでの出来事を、実話をまじえて映画化したものです。 映画の撮影は旭山動物園や釧路市動物園、旭山市彫刻美術館など、北海道を中心に行われています。 映画内では廃園の危機を脱するため、ヒントを得るため、園長と獣医兼飼育員は他の動植物園などの施設を視察しに出ます。

大阪府庁舎

大阪府庁

巨匠リドリー・スコット監督のハリウッド映画「ブラック・レイン」では、アメリカのNY・カリフォルニア、大阪が舞台となっています。 大阪の撮影ではメインとなった大阪府庁舎の本館は、1926年竣工と、現在つかわれている都道府県庁舎の中ではもっとも古く、歴史的な価値も高い建物です。 そのためブラック・レイン以外にも、「プリンセス・トヨトミ」「HERO」などの日本映画や、「華麗なる一族」など邦画ドラ

中之島公園

中之島公園

映画版「黄金を抱いて飛べ」は、大人気俳優の妻夫木聡や溝端淳平、西田敏行、東方神起のチャンミンなどが出演した作品で、監督も有名な井筒和幸監督が行うということで、公開前から大注目されていた作品です。 原作はサスペンス・ミステリー・刑事小説などのジャンルで有名な小説家・高村薫のデビュー作「黄金を抱いて飛べ」で、1991年には火曜サスペンス劇場の枠で、テレビドラマ化もされています。

大阪城

大阪城

大阪のシンボルである大阪城も数多くの映画で写っています。記憶の中でも新しい2011年構内の「プリンセストヨトミ」は大阪が舞台となっていますので大阪城やその他のさまざま案スポットが映画に登場しています。大阪市民であれば、映画を違う観点で観てしまうかもしれませんね。身近な場所が写っているだけでもテンションが上がります。

梅田スカイビル

梅田スカイビル

「半沢直樹」は、元々小説をテレビドラマ化したもので、2013年から日曜劇場にて放送されていました。 キャストも主演の堺雅人をはじめ、香川照之、上戸彩、香川照之、及川光博など豪華な俳優陣ばかり!

映画のロケ地となったスポットが沢山

大阪は、多くの邦画の中でもロケ地になっている場所が多い街です。
映画に限らずドラマの撮影もあちこちでされており、大阪に住んでいる人がネットなどで「○○の撮影現場に遭遇した」と言っているのもよく見かけます。

どこがどんな作品のロケ地になっているのか、まずは観光地としても有名なところからみてみましょう!

住吉大社
ニッカウヰスキーの創始者とその妻を描いたドラマ「マッサン」。その中で主人公が住吉酒造でお世話になるのですが、その住吉酒造の近くに住吉大社は神殿を構えており、ドラマにも住吉大社をバックにした場面があります。
住吉大社は縁結びの神社としても有名です。ロマンチックですね。

大阪城
NHK大河ドラマ「篤姫」では、大阪城の天守閣や桜門蛸石がロケ地になりました。同じく大河ドラマの「軍師官兵衛」でも天守閣がロケ地としてつかわれています。
天守閣は有形文化財、桜門は重要文化財に登録されており、観光客も多いスポットです。

難波・千日前
「ホームレス中学生」は、お笑い芸人が原作を書いたベストセラー小説を映画化したもので、ロケ地のひとつに難波の千日前にある劇場「baseよしもと」がつかわれていました。
吉本興業の劇場もこの千日前にあるそうです。

これだけでも、書ききれないほどの魅力がありますね。
新作映画をチェックするなら関西エリアの映画館情報をこのサイトでチェックしておくべきです。新旧問わず名作は見逃し注意です。